セラミドを与えて、しっかり保湿する!

選択の幼児教育 > 美容 > セラミドを与えて、しっかり保湿する!

セラミドを与えて、しっかり保湿する!

いつもは肌があまり乾燥しないという人でも、寒い季節になると空気が乾燥して水分が奪われやすくなるので、肌がカサカサになってしまう人が増えてきます。

そんな人は、顔を洗った後やお風呂に入った後は、保湿成分が含まれた美容液をたっぷり付けて、しっかり保湿しましょう。

特に、寒い季節は肌トラブルが起きやすいので、忙しくてもスキンケアをさぼらないようにしましょう。

乾燥肌が原因で、敏感肌になり、ニキビができたりと、さまざまな肌トラブルを招くことになります。

乾燥状態の肌は、古い角質がゴワゴワに硬くなり、毛穴を塞ぎやすくなります。

塞がれた毛穴に皮脂が詰まり、アクネ菌が繁殖すると、ニキビのできはじめとなります。

ニキビを治すんジャー!!

しっかりと保湿をすることと血行をよくして肌まで血液を行き渡らせることが、この季節のスキンケアの秘訣です。

保湿成分のセラミドの効果は、水分量が失われて乾燥ぎみになった状態の肌を、しっかりと保湿してくれることです。

よく洗顔後に、ただ化粧水を付けるだけで、保湿した気になっている人がいらっしゃいますが、化粧水の大部分は水なので、直ぐに蒸発してしまい、保湿したことにはなりません。

重要なのは、セラミドの他に、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分を与えることです。

セラミドとは、角質層において細胞の間でさまざまな物質と結合している「細胞間脂質」で、肌の水分を保持するバリヤ機能を形成してます。

このセラミドを取ることで、肌内部の水分量が保持されて、潤いが保たれるというわけです。

しかし、年齢を重ねるとともに、このセラミドの生産量はどんどん低下してしまいます。

すると、バリヤ機能の働きが低下し、水分を保持できなくなって乾燥肌に傾いていきます。

そして、乾燥に陥ってしまった肌は、老化が著しくなり、見た目年齢が高く見られるようになってしまいますので、乾燥肌を防ぐために、日頃の肌のお手入れが非常に大切になります。

なので、若く見られる美肌をいつまでも継続できるように、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分がたっぷり含まれた美容液で、潤いを与えるスキンケアを施しましょう。

また、間違った肌のお手入れは、症状を悪化させてしまう恐れがあるので要注意です。

さらに、顔の洗い過ぎも禁物です。

皮膚のてかりが気になるからといって、同じ日に何度も何度も洗顔してしまうと、肌が水分を失ってしまい、乾燥肌を招いてしまいます。

洗顔は、1日、朝と晩の2回で十分です。

そして、洗顔法にも注意してください。